特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

中村俊介「ライバルに食いついていく」 全日本フィギュアで雪辱誓う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジュニア男子ショートプログラムで演技に臨む中村俊介=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月12日、吉田航太撮影
ジュニア男子ショートプログラムで演技に臨む中村俊介=滋賀県立アイスアリーナで2022年8月12日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのげんさんサマーカップ第2日は12日、滋賀県立アイスアリーナでジュニア男子ショートプログラム(SP)が行われ、1月の全国高校総体2位の中村俊介(木下アカデミー)が73・89点で首位発進した。演技後の中村の主な談話は次の通り。

「4回転成功させなければ」

 ジャンプをすべて成功できたが、スピンした後やステップの細かい部分でミスがあったのが少し悔しい。

 (4回転ジャンプに取り組んでいる中で)4回転トーループは1日2本くらいの成功率で、4回転サルコウも最近着氷できるようになった。フリーでは4回転1本を絶対成功しなければいけないので、練習中。(昨季と比べて)練習量もジャンプを跳ぶ本数も増やして取り組んできている。(体の)軸や高さも安定してきて、3回転ジャンプは割と形になっているので、あとは4回転がまだまだという感じ。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文562文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集