特集

ソフトバンク

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの特集サイトです。

特集一覧

ホークス・杉山一樹、6四球とリズム作れず 先発陣、厳しいやりくり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-オリックス】五回表、同点ソロを浴び降板するソフトバンク・杉山(左から2人目)=ペイペイドームで2022年8月12日
【ソフトバンク-オリックス】五回表、同点ソロを浴び降板するソフトバンク・杉山(左から2人目)=ペイペイドームで2022年8月12日

○オリックス6―3ソフトバンク●(12日・ペイペイドーム)

 敵地でロッテに3連勝し、首位浮上へ向けて意気揚々と戻ってきた本拠地で、出はなをくじかれた。

 ソフトバンクの先発は杉山一樹。エースの千賀滉大が新型コロナウイルス陽性で離脱する中、先発陣の穴を埋める存在として期待された。だが一回、直球一辺倒の配球を狙われ、オリックスの吉田正尚に豪快な2ランを浴びて先制を許した。

 直後に味方打線が逆転したが、杉山は毎回四球を出すなどリズムを作れない。五回には再び吉田にソロ本塁打を許して降板。「一番警戒しないといけないバッターに打たれてしまった」と悔やんだ。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文516文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集