特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ検査キット配布、医師が画像診断 陽性判定、ウェブ活用 自治体、発熱外来負担減へサポート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
検査結果を見ながら、陽性の確定診断をする埼玉県職員の医師=さいたま市浦和区の県庁で2022年8月2日、岡礼子撮影
検査結果を見ながら、陽性の確定診断をする埼玉県職員の医師=さいたま市浦和区の県庁で2022年8月2日、岡礼子撮影

 検査キットやオンラインの活用――。新型コロナウイルス「第7波」で感染者数が急増する中、自治体は患者が殺到する発熱外来の負担を軽減するため、医療機関を訪れずに陽性者の確定診断やサポートができる取り組みを進めている。第7波での感染急拡大や重症化率の低さなどを踏まえて、ウェブを活用した仕組みで医療の逼迫(ひっぱく)を防ごうとしている。

 東京都は、自主検査で新型コロナ陽性との結果が出た人が医療機関を通さずオンラインで感染を登録できる「陽性者登録センター」を3日に開設した。センターは医師2人、看護師約15人、事務職員約50人の体制で、土日祝日を含む午前9時~午後5時に専用ホームページから登録申請を受け付ける。1日最大3000件の登録が可能で、初日は約1000件の申し込みがあった。13日時点では感染者の多い20~40代を対象としてい…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1444文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集