特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシアGDP、5四半期ぶりマイナス成長 経済制裁響く 4~6月期

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアの赤の広場=モスクワで2016年3月、真野森作撮影
ロシアの赤の広場=モスクワで2016年3月、真野森作撮影

 ロシア連邦統計局が12日発表した2022年4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前年同期比で4・0%減った。ウクライナへの侵攻で米欧日などに科された経済制裁が響き、マイナス成長に陥った。インタファクス通信によると、マイナス成長は新型コロナウイルスの影響などで落ち込んだ21年1~3月期以来5四半期ぶり。

 ロイター通信がまとめた市場予想(7%減)に比べると減少幅は小さかった。国家収入の柱となる原油や天然ガスの価格高騰が経済を下支えし、制裁の効果を弱めたとみられる。国際エネルギー機関(IEA)によると、…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文549文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集