「体の上に乗ってきた」福井でまたイルカ被害 男性かまれる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 福井県内で海水浴客が野生イルカにかまれる被害が相次いでいる。福井市内の海水浴場では7月に海中にイルカが嫌がる超音波発信器を取り付け、いったん被害は収まったが、8月6日から再び被害が確認された。福井県警は13日に海水浴場などでチラシを配って海水浴客らに注意を呼び掛けたが、同日にも県内の男性が腕をかまれる被害があった。

 県警によると、7月24日~8月12日に越廼(こしの)海水浴場(福井市蒲生町)と鷹巣海水浴場(同市浜住町)など3カ所で、イルカによる被害が計17件発生。イルカは波打ち際まで来ることもあり、被害の大半は岸から10メートル以内で起きているという。またケガは軽傷が多いものの、中には左手の親指の付け根あたりをかまれ、14針縫うケガをした例もあった。イルカは一般的に体長約2メートル、体重200キロほどで、体…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文897文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集