特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

「四球狙いなら注意する」 山口洸生の両打ちに審判 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【有田工-浜田】四回表有田工1死、両打ちを見せる山口洸。左打席でバントを試みる=阪神甲子園球場で2022年8月13日、前田梨里子撮影
【有田工-浜田】四回表有田工1死、両打ちを見せる山口洸。左打席でバントを試みる=阪神甲子園球場で2022年8月13日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第8日の13日、阪神甲子園球場で2回戦があり、有田工(佐賀)の山口洸生内野手(3年)が浜田(島根)戦の四回の第2打席で、打席の途中で右打ち、左打ちを交互にする場面があった。山口内野手は試合後に「本当は1球ごとに打席を変えて出塁しようと思ったが、審判さんたちから制限がかかってしまってできなかった」と明かした。

 四回1死。右打席の山口内野手は初球を見逃した後、小走りで球審の後ろを回り、左打席に入った。さらに、バントの構えを2球見せると、4球目から再び右打席に移った。結局、7球目を打って遊ゴロに倒れた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文739文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集