特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

智弁和歌山「魔曲」不発 夏連覇の難しさを証明 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【智弁和歌山-国学院栃木】九回表智弁和歌山2死二塁、岡西は好機に打てず悔し気な表情=阪神甲子園球場で2022年8月13日、前田梨里子撮影
【智弁和歌山-国学院栃木】九回表智弁和歌山2死二塁、岡西は好機に打てず悔し気な表情=阪神甲子園球場で2022年8月13日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第8日の13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、夏2連覇を狙った智弁和歌山は国学院栃木に3―5で敗れた。

継投策に打線対応できず

 2点を追う九回2死二塁、智弁和歌山の4番・岡西佑弥が打ち上げた打球が遊撃手のグラブに収まった。ほぼ同時に、球場に響き渡っていた応援の魔曲「ジョックロック」が、満員の観客のため息と歓声によってかき消された。

 国学院栃木の継投策に対応できなかった。中谷仁監督は相手の先発を初戦で完投したエース・盛永智也だと予想したが、相手はエースを終盤勝負のために温存した。左腕投手がマウンドに上がり、岡西は「(最初は)戸惑った」。これがまず誤算だった。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文851文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集