特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

敦賀気比、逆方向はお手の物 冬場の打ち込みで力強く 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【敦賀気比-市船橋】五回表敦賀気比2死二、三塁、岡村が2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月13日、中川祐一撮影
【敦賀気比-市船橋】五回表敦賀気比2死二、三塁、岡村が2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月13日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第8日の13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、敦賀気比(福井)が市船橋(千葉)を8―6で破り、3回戦進出を決めた。

 五回2死二、三塁。敦賀気比の6番・岡村颯樹の痛烈なゴロが市船橋の遊撃手・三浦元希の左を襲った。打球は三浦のグラブの先を瞬く間に抜け、外野の芝生に転がった。試合をひっくり返す2点中前適時打。左打者の岡村が流し打った打球は、右打者が引っ張ったかのような速さだった。

 この回から登板した市船橋の左腕・森本哲星を捉えた。先頭の1番・浜野孝教が甘い直球を中越え二塁打として反撃の足がかりを作ると、4番・上加世田頼希の内野ゴロの間に1点を返し、なお2死二、三塁で岡村が打席に入った。3球で追い込まれたが、外角高めの直球をおっつけた。「投手が頑張っていたのでなんとか点を取りたかった」と岡村。1回戦で好救援した森本から計3点を奪取し、逆転に成功した。低めの変化球に手を出さず…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文651文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集