特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

伝統のペトリキフカ塗り 描いて学ぶウクライナ 帰国中の浅井さん、子どもらにワークショップ 伊賀 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナの芸術や戦争に対する思いなどを語る浅井絵利香さん(左)=伊賀市平野西町の岡森書店白鳳店で2022年8月13日午前10時44分、山中尚登撮影
ウクライナの芸術や戦争に対する思いなどを語る浅井絵利香さん(左)=伊賀市平野西町の岡森書店白鳳店で2022年8月13日午前10時44分、山中尚登撮影

 ロシアによる侵攻が続くウクライナから実家のある伊賀市に娘2人と帰国している浅井絵利香さん(36)が13日、夏休み中の子どもたち向けのワークショップを、同市平野西町の岡森書店白鳳店(岡森史枝店長)で開いた。【山中尚登】

 ウクライナの文化や芸術について知ってもらおうと、浅井さんと、知り合いの岡森店長が企画。この日は、親子連れなどが参加。浅井さんは、ウクライナに古くから伝わる民族装飾芸術の「ペトリキフカ塗り」を子どもたちに教えた。

 浅井さんらによると、ペトリキフカ塗りの名前は、ウクライナにあるドニプロ州のペトリキフカ村に由来。同村では、家の壁を花の装飾で飾る伝統があり、ペトリキフカ装飾の芸術的基盤になっている。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文832文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集