特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ国債、部分的デフォルト 米欧格付け会社が引き下げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
キエフ中心部の独立広場=ウクライナで2014年、真野森作撮影
キエフ中心部の独立広場=ウクライナで2014年、真野森作撮影

 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは13日までに、ウクライナの外貨建て国債の格付けを部分的なデフォルト(債務不履行)を示す「SD(選択的デフォルト)」に引き下げたと発表した。欧州系格付け会社のフィッチ・レーティングスも同様に外貨建て長期債務格付けを「RD(制限的デフォルト)」に引き下げた。

 ウクライナはロシアの侵攻を受けた国防費の増大などで財政状況が悪化しており、10日に外貨建て国債の元利金支払いを2年間延期することで、保有者と合意したと発表した。S&Pはこの延期について「条件を考慮すると債務不履行に等しい」との見解を示し、格付けを引き下げた。

 …

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文404文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集