特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

戦死ロシア兵「少数民族の地域出身者が突出」 英BBCなど集計

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアが占領した製鉄所の敷地内をパトロールするロシア兵=ウクライナ南東部マリウポリで2022年6月13日、AP
ロシアが占領した製鉄所の敷地内をパトロールするロシア兵=ウクライナ南東部マリウポリで2022年6月13日、AP

 ウクライナに侵攻したロシア軍の中で、死亡した兵士の出身地はイスラム教徒やモンゴル系など少数民族が住む地域が特に多いことが分かった。ロシアの独立系メディア「メディアゾナ」が12日、英BBC放送と合同で実施した調査結果を発表した。

 ロシアは人口の約8割がロシア人で、ロシア正教徒が多い。だが国内には約200の民族が住むとされ、宗教も多様だ。調査によると、2月の侵攻後にウクライナの前線に送り込まれ、死亡が確認されたロシア兵5507人のうち、出身地域別で最も多かったのはイスラム教徒が…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集