特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

横浜監督「チャンスを作って一本、出なかった」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【横浜-聖光学院】聖光学院に敗れ、うなだれた様子でアルプス席へあいさつに向かう横浜の選手たち=阪神甲子園球場で2022年8月14日、津村豊和撮影
【横浜-聖光学院】聖光学院に敗れ、うなだれた様子でアルプス席へあいさつに向かう横浜の選手たち=阪神甲子園球場で2022年8月14日、津村豊和撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第9日の14日、阪神甲子園球場で2回戦があり、横浜(神奈川)は2―3で聖光学院(福島)に敗れた。試合後の横浜の村田浩明監督の主な談話は次の通り。

 横浜・村田浩明監督 (相手投手は)内角直球の制球が非常に良く、カットボールもあった。相手の得点を終始上回れず、焦りから当てにいく打撃になった。点差以上に押されている感覚だった。

 監督の責任だと思っている。守備で粘り、最後にチャンスを作って一本というような、神奈川大会決勝を再現しないと勝てないとミーティングで言っていた。その一本が出なかった。勝負弱さが出てしまった。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文617文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集