特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

横浜・杉山が悔やむ一球 「2回戦の壁」越えられず 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【横浜-聖光学院】力投する横浜先発の杉山=阪神甲子園球場で2022年8月14日、中川祐一撮影
【横浜-聖光学院】力投する横浜先発の杉山=阪神甲子園球場で2022年8月14日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第9日の14日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、横浜(神奈川)は聖光学院(福島)に2―3で敗れた。先発した横浜の2年生エース・杉山遥希(はるき)投手は終盤まで試合を作り、好投した。

 11安打を浴びながらも八回途中3失点と粘り強く投げ抜いた。それだけに、一回の失点が悔やまれる。先頭からの打者3人に犠打も含め3球で先取点を献上。聖光学院に試合の流れを渡してしまった。

 先頭の赤堀颯に、真ん中に入った直球をきれいに左前へはじき返され「もう少し慎重にいくべきだった。赤堀選手を抑えて試合を組み立てる予定だったのに打たれて、どの球を投げるか迷いが出てしまった」。制球と緩急が生命線の投手が立ち上がりに見せたすきを、甲子園の常連校は逃してくれなかった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文770文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集