特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

大阪桐蔭・松尾汐恩が2打席連続本塁打 夏の甲子園、タイ記録

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-聖望学園】九回表大阪桐蔭1死二塁、松尾が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月14日、前田梨里子撮影
【大阪桐蔭-聖望学園】九回表大阪桐蔭1死二塁、松尾が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月14日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第9日の14日、阪神甲子園球場で2回戦の最後の試合があり、大阪桐蔭の3番・松尾汐恩(3年)が大会記録に並ぶ2打席連続本塁打を放った。八回に左越えソロ、九回に左越え2ランで、2本目のアーチの際には甲子園の観客からどよめきが起こった。松尾は「いい結果。でも、1打席目で打てなかったのが心残り」と話した。

 個人2打席連続本塁打は高松商(香川)の浅野翔吾外野手(3年)が今大会の2回戦の佐久長聖(長野)戦で達成して以来41人目(43回目)。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文425文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集