人間魚雷の秘話証言 太平洋戦争「潜水艦乗組員の記憶」展 愛媛・今治市立中央図書館で開催中 /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
終戦で広島・呉に帰投した伊号第58潜水艦の全乗組員=清積勲四郎さん提供
終戦で広島・呉に帰投した伊号第58潜水艦の全乗組員=清積勲四郎さん提供

 77年前の終戦直前。米海軍の巡洋艦「インディアナポリス」を撃沈した旧日本海軍の「伊号第58潜水艦」には当時・最年少の17歳だった清積勲四郎(きよづみくんしろう)さん(94)=愛媛県松前町=が乗り組んでいた--。激戦から生還した清積さんからの聞き取りを基にした平和展示企画「深海から見た太平洋戦争 伊号第58潜水艦乗組員の記憶」が9月4日まで、愛媛県今治市立中央図書館で開かれている。【松倉展人】

 館は2010年から毎夏、平和企画の講演や展示を続けている。今回は潜水艦乗組員として過酷な体験をした清積さんのインタビューを画像と資料展示で再構成し、戦争の実像に迫るのが狙い。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文875文字)

あわせて読みたい

ニュース特集