連載

人生100年クラブ

人生100年時代を迎えつつある今、「長い老後」への不安が高まっています。備え方や暮らし方を探ります。

連載一覧

人生100年クラブ

交流と理解の場 認知症カフェ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ ライフスタイル>

 日本で認知症カフェの普及が始まって10年。国の施策で設置が進み、計約8000カ所まで急増した。今は新型コロナウイルスの影響で休止中のカフェも多いが、認知症の人と家族、地域の人、専門職ら誰もが参加できる場、交流と理解を深め共生の鍵となりうる貴重な場だ。

 ●おしゃべりや相談

 「いらっしゃいませ」。エプロン姿で接客する子どもに、お年寄りの顔がほころぶ。7月下旬、兵庫県姫路市の集会所であった「オレンジカフェあおやま1」。この日は夏休みの小学生たちが「一日店長」としてスタッフに加わった。訪れた高齢者らは31人。うち数人が認知症だという。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1607文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集