岸田首相、夏休みに 静養のほかゴルフや読書などを予定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸を出る岸田文雄首相=東京都千代田区で2022年8月15日午後2時40分、竹内幹撮影
首相官邸を出る岸田文雄首相=東京都千代田区で2022年8月15日午後2時40分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は15日、全国戦没者追悼式に出席後、夏休みに入った。首相就任後初の夏休みで、東日本の保養地に宿泊して静養するほか、ゴルフや読書などをして過ごす。休養期間は約1週間で、22日に公務に復帰する予定だ。

 首相は7月の参院選での勝利を経て、8月10日に内閣改造・党役員人事を実施。新内閣の本格始動を前に英気を養う考えだ。

 首相は追悼式などの後、東京・八重洲の大型書店「八重洲ブックセンター本店」に向かい、「歴史に残る外交三賢人」(伊藤貫著)、「フランクリン・ローズヴェルト」(佐藤千登勢著)、「サピエンス全史」(ユバル・ノア・ハラリ著)、「同志少女よ、敵を撃て」(逢坂冬馬著)、「語れるワイン」(渡辺順子著)など約10冊を購入した。休暇中は読書にも多くの時間を充てるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集