特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

石川→猪俣→石川→猪俣 明秀日立が「ブーメラン継投」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-仙台育英】力投する明秀日立先発の石川=阪神甲子園球場で2022年8月15日、前田梨里子撮影
【明秀日立-仙台育英】力投する明秀日立先発の石川=阪神甲子園球場で2022年8月15日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、阪神甲子園球場で3回戦があり、仙台育英(宮城)と対戦した明秀日立(茨城)は2投手が交互にマウンドに立つ「ブーメラン継投」を披露した。

 明秀日立は背番号「9」の左腕・石川ケニー(3年)が先発。3―1の四回1死一、三塁、右打ちの代打・岩崎生弥(3年)を迎えた場面で、右翼を守っていた背番号「1」の右腕・猪俣駿太(3年)にスイッチした。岩崎に適時打を浴びて1点差に迫られたが、後続を断った。

 五回2死二塁で左打者を迎えると、右翼の石川がマウンドに戻り、二ゴロに仕留めた。六回2死一、二塁では、右打者に対して猪俣が再び右翼からマウンドに戻り、中飛に打ち取った。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文602文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集