特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

集団感染で「思い切りの良さ出ず」 九州国際大付監督 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【九州国際大付-高松商】四回裏高松商2死一、二塁、井桜が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、津村豊和撮影
【九州国際大付-高松商】四回裏高松商2死一、二塁、井桜が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、津村豊和撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、阪神甲子園球場で3回戦があり、九州国際大付(福岡)は1―2で高松商(香川)に敗れた。九州国際大付の楠城徹監督の試合後の主なコメントは次の通り。

高松商・浅野は「センスの良さ感じた」

 前半に山があったが、うまく流れを向けることができなかった。たくさん…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集