特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

仙台育英、勝利を呼び込んだのは「気持ち悪い打撃」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明秀日立-仙台育英】七回裏仙台育英1死満塁、岩崎が中犠飛を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影
【明秀日立-仙台育英】七回裏仙台育英1死満塁、岩崎が中犠飛を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦があり、仙台育英(宮城)が初出場の明秀日立(茨城)を5―4で破り、今大会一番乗りで3年ぶりの準々決勝進出を決めた。

 仙台育英の粘り強い一打。そのしぶとさをたたえ、須江航監督が「気持ちの悪い打撃」と表現する背番号14のバットが勝利を呼び込んだ。

 同点で迎えた七回1死満塁、仙台育英の岩崎生弥は初球の高めの変化球を振り抜いた。中堅へ上がった打球は決勝点となる勝ち越しの犠飛に。「絶対外野に飛ばそうと思って打席に入った。狙い通り」と満足げに話した。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文711文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集