特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

“2年生四天王”らしさ見せられず 九州国際大付・佐倉 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【九州国際大付-高松商】二回表九州国際大付1死、佐倉が中前打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、津村豊和撮影
【九州国際大付-高松商】二回表九州国際大付1死、佐倉が中前打を放つ=阪神甲子園球場で2022年8月15日、津村豊和撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、阪神甲子園球場で3回戦があり、九州国際大付(福岡)は1―2で高松商(香川)に敗れた。注目のスラッガー、九州国際大付の佐倉俠史朗は、持ち前の長打力を見せられなかった。

 悔しさだけが募る2年生の夏となった。「2年生四天王」の一角として今春の選抜高校野球大会に続き、甲子園出場を果たしたものの、2試合でわずか1安打に終わった。「自分の実力不足」。力なく言葉を吐き出した。

 二回に高松商の左腕・渡辺和大の低めの変化球を中前にはじき返したが、その後の3打席はいずれも「打ち損じた」と凡退。身長182センチ、体重104キロの左打者は進化した姿を見せられなかった。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文806文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集