特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

本塁打だけじゃない 高松商・浅野、足で「先制パンチ」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【九州国際大付-高松商】一回裏高松商1死一、二塁、山田の左前打で二塁走者の浅野が生還=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影
【九州国際大付-高松商】一回裏高松商1死一、二塁、山田の左前打で二塁走者の浅野が生還=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、阪神甲子園球場で3回戦があり、高松商(香川)が九州国際大付(福岡)を2―1で破った。

 今大会注目のスラッガーが本塁打以外で躍動した。初戦で2打席連続本塁打を放った高松商の1番・浅野翔吾だ。

 一回、4球目をたたきつけ、高いバウンドのゴロとなった。二塁手がさばくも、全力疾走で内野安打とした。さらに続く打者が送りバントに失敗した直後、相手左腕が右打ちの3番打者にチェンジアップを投じた初球に二盗を仕掛け、悠々と成功した。

 「1番打者らしい」足で好機を広げると、四球の後の4番打者の左前打で先制のホームを踏んだ。長尾健司監督は「意表を突いた先制パンチだった」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文960文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集