特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

明豊・川崎監督「有馬君に心に余裕を感じた」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明豊-愛工大名電】愛工大名電に敗れ、肩を落とす明豊の選手たち=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影
【明豊-愛工大名電】愛工大名電に敗れ、肩を落とす明豊の選手たち=阪神甲子園球場で2022年8月15日、滝川大貴撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第10日の15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦があり、明豊(大分)は愛工大名電(愛知)に2―5で敗れた。明豊の川崎絢平監督のコメントは次の通り。

選手たち「ボールに食らい付いていた」

 前半のチャンスで1、2点取れていれが流れが変わったかなと思う。予想以上に(相手左腕の)有馬伽久君が良くて攻略できなかった。愛工大名電は球際の良さがさすが。すごく鍛えられていた。大舞台であの球際の強さが出るのは練習のたまものじゃないか。

 (打線は)ヒットの本数こそ出ていないが、簡単にアウトで帰ってくる選手はいなかった。ボールに食らい付いていた。少し打球の場所が違ったり、球際で相手にエラーがあったりすれば流れも違ったでしょう。でも、そこを許さない名電さんが上だったと思う。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文652文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集