中央図書館のあり方考えよう 舞鶴市 20日に市民フォーラム /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フォーラムに参加する常世田良副会長=京都府舞鶴市役所で、塩田敏夫撮影
フォーラムに参加する常世田良副会長=京都府舞鶴市役所で、塩田敏夫撮影

 舞鶴市の図書館基本計画について考える市民フォーラムが20日午後1時、同市北吸の市政記念館で開かれる。市図書館基本計画審議会(会長、中川幾郎・帝塚山大名誉教授)が8日、中央図書館の新設を市長に答申したことを受けて開催。常世田良副会長(元立命館大教授)が基本計画を解説し、市民と意見交換する。

 現在の市立図書館は東西に二つあり、答申では中央図書館の候補地にJR西舞鶴駅東口の市土地開発公社所有地を挙げた。総床面積約4000平方メートルで、開…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集