特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

引用2300回、「先駆的」アルツハイマー論文の改ざん疑惑とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アルツハイマー病患者の脳内。赤いほど異常たんぱく質「アミロイドベータ」が蓄積していることを示している=量子科学技術研究開発機構提供(疑惑が指摘されている論文とは関係ありません)
アルツハイマー病患者の脳内。赤いほど異常たんぱく質「アミロイドベータ」が蓄積していることを示している=量子科学技術研究開発機構提供(疑惑が指摘されている論文とは関係ありません)

 認知症患者の6~7割を占めるアルツハイマー病に関し、病気の原因に関する先駆けとなった研究で不正が指摘されている。米科学誌「サイエンス」に7月、米ミネソタ大の神経科学者らが発表した論文に、改ざんの疑いがあるとの記事が掲載された。

疑惑指摘の論文、多数で引用される

 脳内では、異常なたんぱく質「アミロイドベータ(Aβ)」が神経細胞の周辺に複数集まって「オリゴマー」(神経への毒性が高いたんぱく質)になると、細胞が傷付けられて死に、その影響でアルツハイマー病が発症すると考えられている。

 疑惑が指摘された論文は2006年、英科学誌「ネイチャー」に発表された。当時、「アルツハイマー病の研究で、記憶障害を引き起こすオリゴマーを初めて見つけた」として評価された。

 その後、アルツハイマーに関する研究が進み、これまでに約2300回も他の研究の論文に引用されてきた。それだけに、改ざんが事実なら影響が出かねない。

 問題の論文を書いたのは、ミネソタ大の神経科学者、シルバン・レスネ博士ら。レスネ氏らは、遺伝子を改変したマウスの脳内で、ヒトのAβが複数集まったオリゴマーを発生させた。その中から、10個ほどのAβが集まったオリゴマーを取り出して、若いラットに入れる実験をした。

 その結果、ラットに認知症の症状が表れたと説明していた。

 ところが、米バンダービルト大の神経科学者、マシュー・スクラッグ助教は、科学者向けの論文検証サイトで、問題の論文とは別のレスネ氏が関わっている論文に疑義が指摘されている…

この記事は有料記事です。

残り1867文字(全文2508文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集