第二次世界大戦時の出征旗、遺族へ返還 遺留品調査、米国で発見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松丸泰介さん(故人)の出征旗を受け取った長男裕一さん(左から3人目)ら遺族と、田中甲市長(同4人目)=千葉県市川市で2022年8月16日午前10時16分、石川勝義撮影
松丸泰介さん(故人)の出征旗を受け取った長男裕一さん(左から3人目)ら遺族と、田中甲市長(同4人目)=千葉県市川市で2022年8月16日午前10時16分、石川勝義撮影

 第二次世界大戦で南方に出征して帰還し、2020年12月に98歳で亡くなった千葉県市川市の松丸泰介(たいすけ)さんの出征旗が米国で見つかった。市川市役所で16日、長男の裕一さん(71)ら遺族に返還された。今後は市に寄贈し、市立市川歴史博物館で保管されることになっており、裕一さんは「皆さんの目に留まる場所に置いてもらい、戦争の悲惨さに思いをはせてほしい」と話している。

 裕一さんによると、泰介さんは20代前半で船舶工兵として従軍した。生前「自分以外はみんな死んでしまった」と話していたが、多くを語らず、詳しい出征先は分からないという。寄せ書きされた日章旗には、戦場で幸運が続くことを願う「祈武運長久」の文字が記され、泰介さんの妻百合子さんや親類の名前が書かれていた。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文712文字)

あわせて読みたい

ニュース特集