特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

救急搬送困難事案、3週連続で過去最多 お盆休診も影響か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 総務省消防庁は16日、救急車の到着後も搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が8~14日の1週間に、県庁所在地にある消防局など全国の主な52消防で6747件に上ったと発表した。前週(1~7日)より2%増え、3週連続で過去最多を更新。新型コロナウイルスの感染者数が高い水準で推移したほか、お盆で医療機関の休診も影響したとみられる。

 消防庁によると、総数は8週連続の増加。呼吸困難などコロナ感染の疑いがあるのは2836件で、6月第3週以来8週ぶりに前週を下回った。ただ1%減とほぼ横ばいで、依然高止まりの状態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文566文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集