特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

魔球スライダーで快投 江夏さんに憧れる下関国際・古賀 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【下関国際-浜田】下関国際の先発・古賀=阪神甲子園球場で2022年8月16日、滝川大貴撮影
【下関国際-浜田】下関国際の先発・古賀=阪神甲子園球場で2022年8月16日、滝川大貴撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第11日の16日、阪神甲子園球場で3回戦があり、下関国際(山口)が9―3で浜田(島根)を破り、準々決勝に進んだ。先発した下関国際の古賀康誠投手(3年)が快投を見せた。

 表情一つ変えることなく、ゆっくりと額を流れる汗を拭った。下関国際の先発左腕・古賀康誠は六回2死から初安打を許した。坂原秀尚監督からは気楽になるため、早く一本打たれるようにと冗談めかしながら言われていたが、「ずっとノーヒットでいこうと思っていた」。悔しさを顔に出すことなく、次打者を遊ゴロに仕留めると、点差が開いていたこともあり、次戦に向けてマウンドを降りた。

 坂原監督が「ストレートと同じ高さから消える」と例える魔球・スライダーが効果を発揮した。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文941文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集