特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

敦賀気比エース・上加世田「ここにいるのは渡辺のおかげ」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【聖光学院-敦賀気比】試合後のあいさつを終え、バッテリーを組んだ渡辺の背中に手をやりながらベンチに戻る上加世田(右)=阪神甲子園球場で2022年8月16日、中川祐一撮影
【聖光学院-敦賀気比】試合後のあいさつを終え、バッテリーを組んだ渡辺の背中に手をやりながらベンチに戻る上加世田(右)=阪神甲子園球場で2022年8月16日、中川祐一撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第11日の16日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦があり、敦賀気比(福井)は聖光学院(福島)に1―8で敗れた。エースの上加世田頼希投手(3年)の試合後の主なコメントは次の通り。

何度行ってもいい場所だった

 (今日の投球は)全然ダメだった。思い切って投げたが、何球か甘くなったりタイミングを外せなかったりして迷惑をかけた。

 (捕手の渡辺優斗とは中学からバッテリーを組む)渡辺がいなかったら今の自分はいない。背番号1をつけてこのマウンドに立てたのは渡辺のおかげ。(バッテリーを組んだ)6年間はあっという間。言い合いすることもけんかをすることもたくさんあって、はじめは全然息が合わなかった。年を重ねるうちに息が合ってここまで来られた。つらいこともあったと思うが、ありがとうと伝えたい。

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文455文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集