特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

大阪桐蔭・西谷監督「勢い与えてくれた」 スーパーサブを先発起用

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で、本社ヘリから
阪神甲子園球場=兵庫県西宮市で、本社ヘリから

 第104回全国高校野球選手権大会は第11日の16日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3回戦があり、史上初となる3回目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭は二松学舎大付(東東京)を4―0で破り、4年ぶりの準々決勝進出を決めた。大阪桐蔭の西谷浩一監督は背番号13の大前圭右を遊撃で先発に抜てきしたことについて「新しい血を入れたら、化学反応が起きるかなと。勢いを与えてくれた気がします」と狙いを明かした。西谷監督の主なコメントは次の通り。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文576文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集