子どもの意見で歩道橋を黄緑に 高さ95cmの目線が街を豊かに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
夏休みのイベントなどについて話し合う「子どもセンターまあち」の子ども委員会のメンバー=東京都町田市で2022年6月4日、木村健二撮影
夏休みのイベントなどについて話し合う「子どもセンターまあち」の子ども委員会のメンバー=東京都町田市で2022年6月4日、木村健二撮影

 子ども政策の司令塔となる「こども家庭庁」設置法と、子どもの権利を保障する理念法「こども基本法」が6月に国会で成立し、「子ども真ん中社会」がうたわれるようになった。国連児童基金(ユニセフ)が推進する「子どもにやさしいまちづくり事業」(CFCI)には、日本国内で5市町が参加し、国の法整備に先んじて、子どもを主体とした具体的な取り組みを進めている。

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2476文字)

あわせて読みたい

ニュース特集