特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

東京五輪汚職 元理事は“徹底抗戦” 焦点は「影響力」の立証

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京オリンピック開会式で入場行進する日本選手団=国立競技場で2021年7月23日午後10時34分、宮間俊樹撮影
東京オリンピック開会式で入場行進する日本選手団=国立競技場で2021年7月23日午後10時34分、宮間俊樹撮影

 東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件は、東京地検特捜部が17日に大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で逮捕し、7月下旬の家宅捜索から約3週間で急展開した。元理事は「徹底抗戦」の構えを見せており、AOKIホールディングス(HD)への具体的な便宜の立証が焦点となる。大会の汚点となりかねない事態に、関係者からは怒りや驚きの声が上がった。

 特捜部は今年4月ごろからAOKIHDへの内偵捜査を始めた。受託収賄罪の成立には公務員(みなし公務員を含む)が職務に絡んで利益を得た(賄賂性)と立証する必要があるが、組織委の定款は理事の職務を「業務執行の決定」と規定するのみで権限の範囲が明確ではない。このため、AOKIHD側からの資金提供と元理事の職務の関連性が捜査の焦点となった。

 判例では、直接の職務権限がなくても「職務と密接に関連する行為」の対価として賄賂を受け取れば収賄罪は成立する。その場合、公務員としての影響力を行使し、職務の公正を侵害したかが立証のポイントとなる。

 今回の逮捕容疑は、スポンサー選定とライセンス商品の製造・販売の2点に関してAOKIHD側から便宜の依頼(請託)が元理事にあったとされる。賄賂額はAOKIHD側からの送金額を積み上げた結果、5100万円と結論付けた。

 関係者によると、…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文1137文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集