特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

「野党ヒアリング」事実上復活 提案型・泉代表の翻意と葛藤

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「旧統一教会と政府与党との関係」についての国対ヒアリングで発言する前川喜平元文部科学事務次官(中央)=国会内で2022年8月5日午後1時44分、竹内幹撮影
「旧統一教会と政府与党との関係」についての国対ヒアリングで発言する前川喜平元文部科学事務次官(中央)=国会内で2022年8月5日午後1時44分、竹内幹撮影

 自民党議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係に注目が集まる中、立憲民主党は共産党、れいわ新選組、社民党などと連携し、旧統一教会の意向が行政判断を左右したかを検証する「国対ヒアリング」をスタートさせた。かつて苛烈な政権追及で森友・加計学園問題などの闇に迫った「野党合同ヒアリング」の事実上の復活だ。立憲は泉健太代表の下、「追及より提案」の道を歩み始めていたはずだが、心変わりした背景とは――。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1591文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集