特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

発電エネ、世界で石炭回帰 EUは前年比7%増 ウクライナ危機

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツ西部プルハイムにある石炭火力発電所。ロシア産天然ガスの供給減により各国では石炭回帰が進む=6月、AP共同
ドイツ西部プルハイムにある石炭火力発電所。ロシア産天然ガスの供給減により各国では石炭回帰が進む=6月、AP共同

 ウクライナ危機によるエネルギー価格の高騰や供給不安を背景に、世界各国で石炭の消費が拡大している。二酸化炭素(CO2)の排出量が多く、欧州を中心に「脱石炭」の動きがここ数年広がってきたが、ロシアから石油や天然ガスの輸出が滞り、発電用として代替需要が高まっているためだ。

 国際エネルギー機関(IEA)は7月、世界の2022年の石炭消費量が前年比0・7%増の80億トンになるとの予測を公表した。過去最高だった13年と並ぶ高水準。23年は0・3%増の80億3200万トンとなり、最高を更新すると予想する。

 けん引役は欧州連合(EU)だ。…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文783文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集