特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

AOKI前会長、専務に「要望リスト化」指示か 選手団スーツ製作など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青木拡憲氏=AOKIホールディングスのホームページから
青木拡憲氏=AOKIホールディングスのホームページから

 東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、AOKIホールディングス(HD)前会長の青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)=贈賄容疑で逮捕=が、部下の同社専務執行役員の上田雄久(かつひさ)容疑者(40)=同=に、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=に要望したい内容をリスト化させていたとみられることが関係者への取材で判明した。このリストを基に前会長は元理事に直接、便宜を依頼した疑いがあり、東京地検特捜部が経緯を調べている。

 関係者によると、元理事と前会長はAOKIHDがスポンサーに決まる約1年9カ月前の2017年1月ごろから、元理事が経営する東京都内のステーキ店などで複数回会合を開き、スポンサー料の金額を調整していたとされる。こうした会合に上田専務執行役員の他、前会長の弟で同社前副会長の青木宝久(たかひさ)容疑者(76)=贈賄容疑で逮捕=も出席することがあったという。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文898文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集