サンマ初水揚げ、ご祝儀相場で1匹5000円超の「驚異的な高値」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
漁船から大事そうに手渡しで降ろされる発泡スチロールに入ったサンマ=北海道根室市の花咲港で2022年8月18日午前6時40分、本間浩昭撮影
漁船から大事そうに手渡しで降ろされる発泡スチロールに入ったサンマ=北海道根室市の花咲港で2022年8月18日午前6時40分、本間浩昭撮影

 サンマの不漁が伝えられる中、北海道根室市の花咲港に18日に初水揚げされた棒受け網漁のサンマが、根室漁協花咲水産物地方卸売市場で行われた競りで1キロ5万4000円の過去最高値を付けた。1匹当たりにすると5000円以上。ご祝儀相場とはいえ、「庶民の魚」には驚異的な高値となった。

 小型船は10日に出漁していた歯舞漁協所属の「第55錦隆丸」(19トン)。漁場は同港から東に約1500キロの遠い公海。北見瑛二漁労長(36)は、ロシア国境警備局が漁船に乗り込み違反の有無を調…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集