特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

高松商・浅野が近江エース山田から2ラン 山田は先制打 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高松商-近江】三回表高松商1死一塁、浅野が中越え2点本塁打を放ち一塁を回る=阪神甲子園球場で2022年8月18日、津村豊和撮影
【高松商-近江】三回表高松商1死一塁、浅野が中越え2点本塁打を放ち一塁を回る=阪神甲子園球場で2022年8月18日、津村豊和撮影

 阪神甲子園球場で開催されている第104回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、準々決勝があり、大会屈指のスラッガーとエースの注目対決が実現した。高松商の1番・浅野翔吾外野手(3年)が近江のエース山田陽翔(はると)投手(3年)から三回に2ランを放った。

 4回目の直接対決となった2点差の七回には、1死一、二塁で申告敬遠で浅野が歩かされた。得点圏に走者がいて塁が埋まっている状況では異例の申告敬遠となった。

 浅野がいきなりみせた。三回1死一塁の第2打席で右腕・山田の146キロ直球をはじき返し、打球はどよめきとともにバックスクリーンに届いた。今大会3本目の本塁打は豪快な2ランで、高校通算67本塁打とした。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文642文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集