特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

近江・山田 「試合には勝ったが浅野君には完敗」 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【高松商-近江】三回表高松商1死一塁、浅野(右)に中越え2点本塁打を打たれた近江の先発・山田=阪神甲子園球場で2022年8月18日、津村豊和撮影
【高松商-近江】三回表高松商1死一塁、浅野(右)に中越え2点本塁打を打たれた近江の先発・山田=阪神甲子園球場で2022年8月18日、津村豊和撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、阪神甲子園球場で準々決勝があり、今春の選抜高校野球大会準優勝の近江(滋賀)が高松商(香川)に7―6で競り勝った。エースで主将の山田陽翔(はると)投手(3年)は八回途中6失点だったが、2番手の星野世那投手(3年)が無失点で締めた。多賀章仁監督の63歳の誕生日を勝利で祝った。試合後の山田投手の主なコメントは次の通り。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文682文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集