特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

「歴史変えたい」 聖光学院、赤堀の主将力で快進撃 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【九州学院-聖光学院】一回裏聖光学院無死、中前打で出塁し声を出す赤堀=阪神甲子園球場で2022年8月18日、前田梨里子撮影
【九州学院-聖光学院】一回裏聖光学院無死、中前打で出塁し声を出す赤堀=阪神甲子園球場で2022年8月18日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、阪神甲子園球場で準々決勝があり、聖光学院(福島)が九州学院(熊本)を10―5で破り、初の準決勝進出を決めた。

 立ち上がりに1点を先に許しても、聖光学院打線に慌てる気配は全くなかった。主将のリードオフマン・赤堀颯が反撃の口火を切った。

 一回に中前打を放ち、これまでの3試合と同様に先頭打者で安打を放って出塁した。「赤堀が出塁すると一気に勢いづく」(斎藤智也監督)という打線はつながった。高中一樹のセーフティーバントが決まり、犠打で1死二、三塁を作ると、4番の三好元気が逆転の左翼線2点二塁打を放った。結局、この回に大量5得点。早々と主導権を握った。

 なぜ先頭打者でこれほどの結果が出せるのか。「自分だけの力ならば、他の打席でも打てている。初回に打てているのはスタンドのメンバーなど、見えない力が働いていると思う」。チームを思う主将ならではの責任感も力に変えている。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文777文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集