特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

技術は相手が圧倒的に上 下関国際が大阪桐蔭を破る 夏の甲子園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【下関国際-大阪桐蔭】九回表下関国際1死二、三塁、賀谷の中前打で二塁走者・松本が生還し逆転=阪神甲子園球場で2022年8月18日、前田梨里子撮影
【下関国際-大阪桐蔭】九回表下関国際1死二、三塁、賀谷の中前打で二塁走者・松本が生還し逆転=阪神甲子園球場で2022年8月18日、前田梨里子撮影

 第104回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、阪神甲子園球場で準々決勝があり、下関国際(山口)が大阪桐蔭に5―4で逆転勝ちし、3回目の出場で初の準決勝進出を決めた。大阪桐蔭は史上初となる3度目の春夏連覇はならなかった。

 下関国際の4番・賀谷勇斗は確信した。「抜けた」。たたきつけた打球がマウンドの大阪桐蔭・前田悠伍の頭上を越えていく。三塁走者に続き、二塁走者も本塁に頭から滑り込むと、砂煙の中で球審が手を横に大きく広げた。逆転の中前2点打。この夏、一番の歓声が甲子園に響いた。

 1点を追う九回。下関国際への観客の手拍子は1球ごとに大きくなった。単打2本と送りバントで1死二、三塁。異様なムードが選手たちを包み込んだ。左打席にいた賀谷は手拍子を聞きながら、冷静にバットを指1本分短く握り、右足をわずかに早く上げて前田に立ち向かった。「すごく力のある真っすぐを投げていた。振り負けないように」。カウント1―1からの3球目。前田のクイックモーションに不意を突かれたが、準備が整ってい…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文981文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集