連載

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

連載一覧

翔べ!!V・ファーレン

サッカー 6位転落、J1昇格黄信号 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
14日のエリートリーグ・琉球戦で躍動するV・ファーレンの選手たち
14日のエリートリーグ・琉球戦で躍動するV・ファーレンの選手たち

 痛恨である。

 13日のJ2第31節、V・ファーレン長崎はホームで最下位のFC琉球と対戦し、前半に2点のリードを奪いながら後半に3失点し、逆転負けを喫した。4位だったチームは6位に転落。目標のJ1昇格に黄色信号が点滅している。

 「攻撃は練習でやっていることを出せていて良くなっている。でも、以前はできていた守備が失われてしまった。そこを解決しないと点を取っても追い付かれてしまう」

 米田隼也選手はそう分析する。上位を狙うため攻撃力向上を進めた代償として、攻守のバランスが崩れてしまっているのだ。ここからいかにチームを立て直すか。カリーレ監督の手腕が問われることになる。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文679文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集