特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

ロシア軍、ウクライナ住宅地砲撃 少なくとも19人死亡(8月19日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア軍によるミサイル攻撃で破壊された住居用建物で活動する救急隊員=ウクライナ東部ハリコフで2022年8月17日、ロイター
ロシア軍によるミサイル攻撃で破壊された住居用建物で活動する救急隊員=ウクライナ東部ハリコフで2022年8月17日、ロイター

 ロシア軍は、ウクライナ東部ハリコフ州の住宅地を砲撃し、多数の死傷者を出すなど市民を標的とする攻撃を続けている。一方、ウクライナ西部リビウでは、国連のグテレス事務総長とゼレンスキー大統領が会談。原発への砲撃が相次いでいる問題などを協議した。ウクライナ情勢を巡る日本時間19日までの動きや報道をまとめた。【デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文739文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集