「みえない障害」に思い寄せて 高次脳機能障害伝える絵画展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
子どもたちの世界などを描いた作品の前に立つ細尾ちあきさん=さいたま市大宮区吉敷町1で、2022年8月17日、山崎恵利花撮影
子どもたちの世界などを描いた作品の前に立つ細尾ちあきさん=さいたま市大宮区吉敷町1で、2022年8月17日、山崎恵利花撮影

 アートを通じて高次脳機能障害に関心を持ってもらおうと、企画展「いろんなきもちだいじょうぶ。ぷるすあるは絵画展&高次脳機能障害って?」が21日まで、大宮図書館(さいたま市大宮区吉敷町1)で開かれている。

 精神障害のある親とその子どもを支援するNPO法人ぷるすあるは(さいたま市)と、市高次脳機能障害者支援センターの共催。会場には、ぷるすあるはの細尾ちあきさんが子どもたちの世界をテーマに描いた絵画約70点、細尾さんの…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい

ニュース特集