谷口真由美元理事を処分 内部情報漏えいで 日本ラグビー協会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
谷口真由美・大阪芸術大客員准教授=大阪市阿倍野区で2019年5月30日、猪飼健史撮影
谷口真由美・大阪芸術大客員准教授=大阪市阿倍野区で2019年5月30日、猪飼健史撮影

 日本ラグビー協会が元理事の谷口真由美・大阪芸術大客員准教授(47)をけん責処分にしたことが判明した。関係者が19日、明らかにした。内部情報を外部に漏らしたと判断された。谷口氏は取材に「在任中は周りに説明できる機会を与えられなかった」と述べた。

 関係者によると、谷口氏は職務上知り得た情報を書籍で不特定多数に公開し、新リーグ「リーグワン」を巡る内部審査の公平性に疑義を生じさせたとしている。協会の規定では元理事も処分できる。

 谷口氏はインターネット上のグループ「全日本おばちゃん党」の代表代行を務めたことでも知られる。退任後に出版した著書の中でチームの振り分けを巡り、地域密着など競技以外も重視した書類審査で一部の強豪チームを1部から除外して反発を受け、最終的に発表された審査結果は順位が入れ替わっていた――と主張した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文618文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集