JR西日本「銀河」再び 改良重ね満足度UP 30日から予約開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
紀南方面を運行するウエストエクスプレス銀河=JR西日本提供
紀南方面を運行するウエストエクスプレス銀河=JR西日本提供

 JR西日本は、京都・大阪と和歌山の紀南方面を結ぶ長距離観光列車「ウエストエクスプレス銀河」の予約を、30日から順次始めると発表した。運行は10月から2023年3月までで、乗車日の約1カ月前から予約できる。21年7月~12月に続く2回目の運行。出発時間を見直すなど、前回の利用者から寄せられた意見を参考に改良を重ねたという。

 期間中、6両編成で往復計72本運行する。京都発の夜行は午後9時15分に出発し、翌午前9時37分に新宮着。新宮発の昼行は午前9時50分に出発し、午後8時53分に京都着となる。遠方からの参加者の新幹線などへの乗り換えがしやすいように、昼行の出発時間は、前回より2時間前倒しした。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文600文字)

あわせて読みたい

ニュース特集