立憲、新たに7人判明 旧統一教会と接点、計14人に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党は23日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と所属議員の関係を巡る党の調査で、新たに7人について旧統一教会関連の会合に祝電を送るなどの接点が確認されたと発表した。党内で接点があった議員は計14人となった。選挙での組織的な支援などは確認されていないとしている。

 新たに判明した7人のうち、大串博志衆院議員は、2015~19年の間に地元で開かれた…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

ニュース特集