見て快い「きれいな字」 中国と日本の名書50件 東近江・観峰館 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
四つの書体を並べた伊立勲の作品=滋賀県東近江市五個荘竜田町で、伊藤信司撮影
四つの書体を並べた伊立勲の作品=滋賀県東近江市五個荘竜田町で、伊藤信司撮影

 「きれいな字―近代中国と日本の書」と題した企画展が東近江市五個荘竜田町の「観峰館」で開かれている。夏休み中の子どもたちも親しめるよう、字形が整い、快く感じられるような作品50件を展示している。9月4日まで。

 誰にでも読める字として官僚らが使用し、中国・唐代に「唐の四大家」と呼ばれる4人の書家が理想形を作った「楷書」を紹介するコーナーに…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

ニュース特集