特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

「警護計画に明らかな不備」 安倍氏銃撃で警察庁が報告書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三元首相(67)が奈良市で街頭演説中に後方から銃撃されて死亡した事件の警護態勢について、警察庁は25日、「警護計画に明らかな不備があったため、警護員が適切に配置されず、後方警戒の空白を生じさせた」とする検証報告書を発表した。都道府県警が作成する要人の警護計画は現職の首相などを除き警察庁がチェックすることはなかったが、今後は当面の間、全ての計画の報告を求めるなどの再発防止策も明らかにした。

 警察庁は事件後、「検証・見直しチーム」を設置し、警備の問題点と改善点を調査していた。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1692文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集