特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

創業者逮捕でブランドに傷 AOKIのスーツ着る?もう着ない?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
AOKIの銀座本店=東京都中央区で2022年8月24日午後5時15分、中津川甫撮影
AOKIの銀座本店=東京都中央区で2022年8月24日午後5時15分、中津川甫撮影

 東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で創業者や幹部が逮捕された紳士服大手「AOKIホールディングス(HD)」。冠婚葬祭といった人生の節目で身にまとう「勝負服」を扱う企業だけにブランドイメージが悪化すれば業績には痛手だ。AOKIスーツのユーザーは事件をどう受け止めているのか。店に行ってみた。

就活スーツ「縁起悪い」

 「うまい汁を吸っている人たちの利益になることは嫌だ」。今月23日、就職活動を控える早大3年生の男性(20)は語気を荒らげた。大学の近くにAOKIの店舗がある。しかし、「リクルートスーツはAOKIでは買わない。他で買う」と突き放した。

 就活用のスーツやシャツ、ネクタイ、コートをそろえるAOKI。エントリーシートの書き方や面接官に好印象を与える着こなし方を紹介するなど、就活生の応援に力を入れてきた。しかし、東京・早稲田にある店の買い物客からは「事件を起こした会社の就活スーツなんて縁起が悪い」と購入するのをためらう声が聞かれた。

 上着を購入した近くに住む50代の女性も「事件を知ってAOKIのイメージが悪くなった」と語り、購入した服については「外で着るつもりはない。部屋着にする」と話した。

憧れの結婚式だったのに

 スーツで有名なAOKI。実は、ブライダル事業「アニヴェルセル」も手がけている。人生の晴れ舞台に臨む利用客はどんな思いなのか。

 AOKIの子会社が東京都内で運営する式場で10月に結婚式を挙げる予定の会社員女性(31)は事件が発覚した後、衣装合わせのために式場を訪れた。以前からこの式場に憧れていたという。だが、担当者から事件に関する説明はなし。女性は「親会社がAOKIだと知らなかったし、気にはしていない」と話す。ただ、「(結婚相手の)彼は『…

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文2200文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集