よみがえる日本現代詩の先駆者 「幻の天才」左川ちかの魅力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初の全集が刊行された詩人、左川ちか(市立小樽文学館提供)
初の全集が刊行された詩人、左川ちか(市立小樽文学館提供)

 昭和初期、「女であること」とその孤独に向き合い、乗り越えようとした詩人がいた。10代で翻訳と詩作を始め、モダニズム詩壇で活躍するも、24歳で病死した左川(さがわ)ちか(1911~36年)だ。

 今春、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から刊行された初の全集にはちかが残したすべての詩、散文、書簡、翻訳が収められている。叙情性を排し、硬質ながらも熱を帯びた詩語たちは、長く「幻の天才」として伝説化されてきた詩人の声の輪郭をくっきりと描き、今ここに響かせる。

 8月上旬、シンポジウム「左川ちか2022~新たに開かれる詩/モダニズム/世界」が立命館大(京都市)で開かれた。

 「読者にとって身近なテキストを届けたい。それが研究の進展と普及につながるのではないかという思いで全集を編みました」。同大人文科学研究所研究員で本書の編者、島田龍さんは語った。シンポジウムには日本近代詩を研究するエリス俊子さんや英文学者の小川公代さんらも登壇し、さまざまな観点からちかの詩の魅力がひもとかれた。

未完の進行形

 ちか(本名・川崎愛)は北海道の余市町で生まれた。詩歌の活動に熱心だった兄を持ち、兄の親友には詩人として出発した小説家で文芸評論家の伊藤整がいた。

 17歳で上京後、兄と伊藤らによる雑誌『文芸レビュー』で翻訳家デビュー。モダニズム文学を代表するジェイムズ・ジョイスやヴァージニア・ウルフらの翻訳と同時に詩作に励み、次第に散文への志向を強めながら、亡くなるまでの約7年間で約90編の詩、20編余りの詩文の翻訳、10編余りの散文を手がけた。

 ちかの詩は冒頭から強烈なイメージで読み手の心を射抜く。

 <昆虫が電流のやうな速度で繁殖した>(「昆虫」)、<夕暮が遠くで太陽の舌を切る>(「黒い空気」)のように。イメージは一つの詩から別の詩へ、変奏するように描かれることもある。

 島田さんはシンポジウムで、1編の詩が初出、再掲、詩集版と改稿される傾向に触れ、…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2586文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集